福祉施設が各地に建設されると、それに伴い食事を担当する施設や配送業務が必要となります。


  


 
保養所や高齢者ホーム、そして大規模の保育所・マイホーム・身障者施設などに常設されるもので3食すべてに対応できるようにします。




  
お弁当として仕出し配達します。
  各施設だけでなく、一般にも出前します(月間契約)。




全国各地に数百店の規模で一斉に開店します。
良質の材料を使い、しかも超安価で提供。小中学生でもおやつ感覚の料金で食べられる様にします。
働く人は、55歳以上の高齢者を積極的に採用します。
もちろん、麺やスープなどは、研究所で開発されたこだわりの食材を使い、全国に供給します。




福祉施設の充実状況などを見ながら開店していきます。


(配送センター)の整備


  
各施設や全国の店舗に、材料や書類・資料を運びます。
  お弁当を配達します。
  施設間の移動にバスや乗用車を配備運行します。
  運転者や配送業務に、若者の起用を積極的に行います。




 
食材の供給は、党員である地域の食料品店(八百屋・肉屋・とうふ屋・魚屋など)に委託します。


★上記の関連施設を運営管理したり、そこで働いたりするのは、みんな党員さんです。