日本民政党代表
  東條哲也


ここで、
東條哲也代表の講義語録の一片をご紹介いたします

自分の将来の生活設計は「自助努力」という決意をお持ちの方々に日本民政
党は協力できる団体です。
自分の身は自分で守るんだということです。でも一人では守れません。
全国の一人でも多くの方々皆で守れば何でもできるということです。
今の日本、このまま長生きしてても何も保障がないんだということを、一人でも
多くの方々に気がついてほしいと思います。

年金も保障できず、働けるうちしか収入も見込めず、長生きになりましたので、
保険も生きているうちに満期になってしまいます。
入院しても大丈夫な程の蓄えもあてになりません。
これからの人生楽しく過ごせればいいのですが、心配と不安で長生きしていた
いですか?
少し皆で将来のことを考えませんか。

党が掲げる理念と福祉事業を一人でも多くの方々に賛同していただき、お互い
に助け合い、後世に引き継ぐ活動を図り、党会員拡大に邁進すれば、日本民
政党は、日本社会の明日を開く団体に成長し、党会員の方々に、必ずや豊か
に安定した素晴らしい人生をお届けできるものと確信しております。
 この世の中に、上下の隔て無く、本当に一人一人の経済的・物質的・精神的
な安定を願って、これからやっていこうとする団体は、この日本のどこにもあり
ません。