身体の不自由さを充分考慮した居住空間に設計。
ハイテク機器も採用し、自走自立できる様に住居、リハビリ施設、レクリェーション施設を建設。
そして更生・雇用の場も併設。
あるいは仕事場へ送迎するシステムも完備します。(ケア付き、食事付きも考慮)















高齢者だけの問題でなく、若い世代でも身障者になっている方や、お子様がそのような状態になっている方が全国にたくさんいます。
国の援助も20歳まで。お子様が20歳になる頃には、働き盛りであった両親も下り坂。
不自由なお子様を介護していくのが大変になっていきます。
両親がいなくなった時、誰が看てあげられるのでしょうか・・・・・・・・。